俺日記
大阪は心斎橋・アメリカ村にあるライブハウス[SUNHALL]で、日々巻き起こる出来事を通して、筆者および周囲の人たちが成長していく過程を綴ったドキュメント。それが俺日記!
200609<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200611
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そして釣り
union jackの鯰江君・西口君・僕の3人はやる気マンマン。
夜中の山道を右へ左へ。登って下って。方向などちんぷんかんぷんな山道を延々と進んでいき、
夜明け前の三重県へ到着。
ここから釣り場までが大変のなんの。舗装されていない道をこれまた登って下って。海に出た!
と思ったら、目指す釣り場は磯なので、「あそこですわ」と指差す距離のあることあること。
っていうか、“あそこってほんまに物凄い磯ですやん・・・。”
リポビタンDの世界を手を差し伸べあいながら突き進み、やっとの思いで到着です。
ここで陸地の果てのような場所です。
そこから見る夜明けが美しかったです。

天気はあいにく雨が降ってきて、過酷な条件の中でしたが、3人がんばりました。

水がきれいで太平洋の荒れ狂う波にもまれた魚たちは、すべてが規格外の大きさ。
瀬戸内海で釣った魚がゴルフボールなら、
同じ魚でもここではバレーボール位に大きくなってます。自然って凄いっす。

3人とも大きなカワハギを釣り上げご満悦。
帰りは温泉につかり、言うことなしでした。
ぼくは山道の途中ですっかり車酔いに陥ってしまい、グデングデンでしたが。

ぜったいまた行こうな!!
スポンサーサイト
なんと
意外なところで意外なものに出会いました。
そう、生駒のラムネです。

休日を利用してunion jackのメンバーの家に集合し、そこから
釣りに行く事になってました。鯰江君の部屋でもう一人の到着を待っていたところ、
見覚えのあるラムネのようなもの(いや、ラムネだ)を発見。
おそるおそる聞いてみると「彼女からもらったんですけどね~どこのラムネかわかりませんわ~」「いや、これは絶対レインボーラムネやで!こんなでかいの他にないもん」
「電話で確認してみましょか」

トゥルルル・・・

「あ、もしもし?あのラムネって・・・」

そしてやはり生駒のレインボーラムネであることが立証されました。
「にしかわさん食べてもらっていいですよ、僕ラムネあんまり好きじゃないんすよ」
「マージで!?ありがとう!!」

パクッ

「んま~い!!!!!」




世の中狭いですね。

そのあと釣りに出かけた時の模様は次回に。
ラムネ以降の(2)
ぐるぐるとまわる頭の中のターンテーブルを現実のものにすべく
再び奈良へと向かいました。

急ぎ足で電気屋へ行きますと、店の奥から奥さんが出てきました。
「この前のターンテーブル買いに来ました」
「ああ、そうですか。でも、今主人が出てまして、夕方まで帰ってこないんですよ」
「え?それって、今は売ってくれないって事ですか?」
「今主人が出てまして、夕方まで帰ってこないんですよ」
「でもね、こないだきたとき¥3.000で売ってくれるって言ってましたよ」
「今主人が出てまして、夕方まで帰ってこないんですよ」
「連絡とか、取れないんですか?」
「今主人が出てまして、夕方まで帰ってこないんですよ」
「僕も時間ないんでもう帰らないとだめなんですよ」
「いつもめったに出かけないんですけどね~今主人が出てまして、夕方まで帰ってこないんですよ」

このままこのオウムのような奥さんと話していてもらちがあかないと思った僕は
「なんとか連絡とってもらえませんか?」
と嘆願した。

「出ないと思いますけど・・・」
そういいながら電話をピ、ポ、パ、と押す。
「あ、もしもし?今ねこないだの人が来てて・・・」

“すぐつながるやないか・・・!”

ようやくの思いで購入に成功。
急ぎ足で大阪へ帰ったのでした。

早くこいつでレコードを聞けるようにしたいです。
ラムネもいつの日か必ず。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。