俺日記
大阪は心斎橋・アメリカ村にあるライブハウス[SUNHALL]で、日々巻き起こる出来事を通して、筆者および周囲の人たちが成長していく過程を綴ったドキュメント。それが俺日記!
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BE TARO
最近、MOTHERS MILKというバンドのGuシゲル君の影響で、岡本太郎にグググッと傾いています。
もともと、吹田の隣町で育った僕としては、小学生の時は土曜日の学校が終わったら毎週のように自転車で友達と万博公園に出かけていました(確か50円で入れる)ので、そのときに太陽の塔は良く見ていました。
また、TVとかで「芸術は爆発だ!!」でおなじみの部分だけが頭の中で残ってしまい、今ひとつ岡本太郎のことを知ってるようで知らない状態でした。
シゲル君から色々とエピソードを聞かせてもらうにつけ、人間・岡本太郎の凄さに感動し、こりゃいてもたってもいられなくなり、岡本太郎の書籍(いっぱいあった!!)を読み漁っているところです。
文章が凄くわかりやすいというか、難解なところはほとんどないと思います。
まぁまだそんな難解な部分に出くわしていないだけかも知れませんが…。
伝えるのが上手というか、記憶を文章で再現するのが上手というか、なんでしょうね、上手く説明できないですね。

彼の人間ぶりが良く分かるとその魅力にグググッと引き込まれるとともに
彼が残した芸術作品にも一歩踏み込んだ気持で見ることが出来ます。
ぜひ読んでみてください。
読んだ作品は、【芸術と青春】です。他にも本当に多数彼の著作があります。
今読んでいるのは、【自分の中に毒をもて】という作品です。



…僕にとってのBE TAROを何か実践していこうと思います。
誰にも分からないことではありますが。でも昨日も少ししてみました。緊張しました。
BE TAROのキーワードは、殻を破るということかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。